パラメディック119-すべては救命のために-

パラメディック119-すべては救命のために-

パラメディック119トップページ up data 2013.7.24
パラメディック119~すべては救命のために~
コミュニケーション
掲示板
テーマ別コメント集
利用に当たっての注意
救急救命士たちの待機室
パラメディック119とは
はじめにお読みください
当サイトの目的

プライバシーポリシー
管理人のプロフィール
パラメディック119の作り方
救急救命士とは
救急救命士になるには
救急救命士の国家試験
救急救命士の特定行為

救命士資格持ちの新人消防士のメリット
MC メディカルコントロール
救急救命士国家試験東京会場
救急Q&A
救急隊員たちの現実
殺人電波が送られているのです
ラーメンを作ってくれないかしら
救急隊に預けてサヨナラなんて…
そんなのプライバシーじゃないだろ!
酩酊者に対する正しい活動とは
この町の先生になろうって人は…
女に手を挙げる男なんてのは
また路上生活するつもりかい?
消防官の親父に求められているもの
大腿頸部骨折、下手すりゃうん千万円だぜ
献身的な医療機関の評判
住民のニーズに応えるということ
カーナビ頼みでルート誤り搬送遅れ患者死亡
なんでもかんでも救命なのかな
消防署に何故かあるもの
すぐに建ったマンション
救命士資格を持った新人消防士の苦悩
ダメ…事の重大さが全然分かってない
あなたの家族でも同じようにするの?
たらい回し9件、それっていつものこと…
生きるべき傷病者なのか?それとも…
救急車にあるもの
AED(自動体外式除細動器)
搬送用救急資器材
呼吸循環管理救急資器材

固定用救急資器材
緊迫の救急現場
続・勃起してる…
勃起してる…

現場は迷いの中で
熱性痙攣じゃないぞ…
ヒントは現場に落ちている
挿管してもよいですか?
体温は26℃、原因は?
熱中症、疑わなかった炎天下
突然の背部痛、足背触れず
夫婦ケンカの果てに
まるで綱渡りだよな…
食道静脈瘤破裂?それが本望?
あれ?心室頻拍だ!
アナフィラキシーショックだ!
緊迫の転院搬送
お父さん死なないで
緊張性気胸、時間との勝負だぞ!

誰も分かってくれない…
自殺未遂、手首を切って
救命士の仰天現場報告
縛って連れて行って
続・何となく、何かヤバイ…
何となく、何かヤバイ…
裸足の救急隊員

他の病院に…とはいきませんよね?
ナイフを持って立ってた
殺してくれないか
運転して徘徊一晩中
優しくしないでもらますか
これだけ飲めばまずダメでしょう
我関せず、フィーバー
この冷ややかな感じは…?
外国人、保険未加入、タール便、決まらない病院
認知症のおじいちゃん7ヶ月もどうしていたんだろう?
この人覚せい剤の反応がありますよ
こんな私にあんたたちがしたんでしょ!
ウソつけ!お前が殴ったんだろ!?
救急救命士のため息現場
そんなに緊急ってことはありません
オメエぶっ殺すぞ!
チェンジだチェンジ!
帰ってきた常習者
オレは訴えないよ
慢性膵炎、病院に行く目的は?
医師か、患者か、救急隊か?
奥さんの誕生日は忘れてしまっても
サイレンを鳴らしてもらって大丈夫です
家まで連れて帰ってくれ
だって可哀想じゃない
救急車はタクシーではありません
あの病院は点滴に毒を入れるのです

あの…どちら様ですか?

なんか…診察とかもういいかも
緊急性は?困った下り転院搬送
思いやりのあと一言、それが大切
ため息キーワード4連発
とりあえず一服させてくんない?
ふぅ…間に合った
超ウケる~本気で呼んだの~

アイツ絶対給食費とか払ってないぜ
その辺にいるはずなんですけど
死ぬって言って電話を切って
捨てられて6万8千円也
ありがとうの救急現場
けんかをやめて~二人をとめて~
父も歩けるまで回復しました
脱帽しようか

嬉しいけどそれは困ります
救急関連ニュース
救急搬送10回以上拒否、1194件48回のケースも
14病院で16回拒否、交通事故で重症の69歳死亡

病院まで平均33.4分…過去10年で最長
救急搬送遅れ10年で6・5分 出動増、受け入れ拒否影響
重症患者の救急搬送時間、ワースト50件中12人が死亡
救急用語辞典
・救急救命士の参考書籍
救急救命士のテキスト
プレホスピタル外傷学
浜辺祐一先生の本
精神科ER
リンク集

パラメディック119
~すべては救命のために~

救急救命士の現実を伝えたい

 パラメディックとは救急救命士のことです。パラメディック119は救急救命士が活躍する救急現場での話を中心にみなさまに紹介しています。

 赤色回転灯を回しサイレンを鳴らして走っているあの救急車の中でいったいどのようなドラマが起こっているのか?意識不明の傷病者、パニックに陥る家族、止まっている呼吸、脈拍…。そんな緊急事態の中で救急隊員たちは救急車にある最低限の資器材を活用し判断する。心臓マッサージ、人工呼吸を繰り返しながら救命センターに向かう車中、泣き叫ぶ家族にかける言葉は。

 こういった劇的で一刻を争う救急現場もあれば、「今日入院の予定になっているから」と玄関できっちり入院の準備を整えて待っている人もいる…。まさに生きるか死ぬかの現場から思わずため息をついてしまうような現場まで救急隊員の出動先は様々です。

 救急車は住民みなさんの共有財産であり有限なものです。本当に必要な時に必要な人が使わないと必要な人が使えなくなってしまうことになります。そしてなかなか知られざる現実として、モラルのない人たちが気軽にタクシーを使う感覚で救急車を利用しているのが現実なんです。いくらあっても救急車は足りません。

 パラメディク119はみなさんがなかなか知られざる救急現場のお話を中心に、それを知っていただくことにより、救急車を正しく利用していただくことを最大の目的としています。パラメディックの目的はひとつ。人のために命のために、救急隊員たちにやるべき仕事をさせてほしい!すべては救命のために。

パラメディック119管理人より

 ありがとうございます!2005年2月から運営開始したパラメディック119は5月、Yahoo!Japanに登録していただけることとなりました。たった3ヶ月で感謝感激です。さらにグーグルのディレクトリにも登録したいただきました。これからはこれまでよりずっとお客さんも来ることでしょう。今まで以上に更新に励みますのでこれからもパラメディック119を応援してくださいね!

 パラメディック119はYahoo!Japanカテゴリー、Google Directoryに登録されています。

・Yahoo!Japanの健康と医学>緊急サービス>救急救命士のカテゴリー(こちら)に登録されています。

・Googleディレクトリの健康>公衆衛生・安全>救急医療のカテゴリー(こちら)に登録されています。


ソーシャルブックマーク

シェア

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

更新暦をRSSで配信中
ソーシャルブックマークユーザーの方は是非とも登録して下さい


当パラメディック119はリンクフリーです。リンクバナーはこちらに他にも用意しています。

にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ
にほんブログ村ランキングに参加中

.
Ambulance share are the property of everyone.
All for lifesaving, please use the appropriate.